老後の生活費・老後資金の積立・資産形成・運用方法、年金・退職金の運用相談なら、老後資金・年金相談.com

老後の生活費・老後資金の積立・資産形成・運用方法、年金・退職金の運用相談なら、老後資金・年金相談.com
ファイナンシャルサロン
お問い合わせサイトマップ
老後の生活費・老後資金の積立・資産形成・運用方法、年金・退職金の運用相談なら、老後資金・年金相談.com

老後資金・年金相談.com TOP > 年金のしくみ > 障害年金のしくみ

障害年金のしくみ

1・2級の障害者になってしまったときには
障害年金が支給されます。

 病気やケガで障害者となってしまったとき、障害の程度が1級または2級に該当する場合は、障害基礎年金が支給されます。
 また、障害者となったケガや病気の初診日が第2号被保険者期間中にある場合は、障害厚生年金(あるいは障害手当金)が支給されます。

障害基礎年金のしくみ

 障害基礎年金の支給要件は以下のとおりとなります。

  • 国民年金(第1号〜第3号)に加入中に初診日のある病気やケガで、1・2級の障害の状態になったとき
    ※ただし、60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいる場合、加入をやめた後の病気やケガによるものでも可
  • 20歳前に初診日があり、20歳になったとき(障害認定日が20歳以後のときは障害認定日)に障害等級表で定める障害の状態になるとき
    ※ただし、この場合には、本人に一定の額を超える所得がある場合はその支給が停止されます(全額または1/2)

 ただし、以下の要件を満たす必要があります。

  • 保険料の滞納期間が被保険者期間の1/3以上ないこと



障害基礎年金の支給額

 障害基礎年金の支給額は、以下のとおりです。

  • 障害基礎年金の年金額=基本額+子の加算
  • 基本額…
    1級:792,100円×1.25
    2級:792,100円(老齢基礎年金の満額と同じ)
  • 加算額…
    1人目、2人目の子:各227,900円
    3人目以降の子:各75,900円

障害厚生年金のしくみ

 障害厚生年金は、厚生年金の被保険者期間中に初診日のある病気やケガで、障害基礎年金に該当する障害(1・2級)が生じたときに、障害基礎年金に上乗せされて支給されます。
 支給要件は障害基礎年金と同じですが、3級障害厚生年金や障害手当金(一時金)があるところが大きな違いです。

【参考】年金シミュレーション(知るぽると)




<< 前のページへ | TOP | 次のページへ >>


 老後資金・年金相談.comでは、必ず老後生活資金を用意するための、貯め方のアドバイスを紹介していきます。また、各ご家庭に合った「老後資金相談、年金・退職金運用相談」の無料アドバイスサービスを行っております。ぜひご活用ください。

【無料】老後資金相談、年金・退職金運用相談サービスのお申し込み


ページTOPへ

【保険募集代理店】株式会社ファイナンシャルサロン
本社:名古屋市中区丸の内3-21-25 清風ビル2F Tel:052-253-8891
東京 銀座 大阪 福岡 沖縄